TOP > 学科紹介 > インターンシップ参加者の体験記

インターンシップ参加者の体験記

「インターンシップに参加して」
41期生 坂井優介さん

私がインターンシップを希望した一番の理由は、
実際の印刷会社の提案営業を見てみたいという気持ちからでした。

印刷会社の中でも、将来印刷業界において、マーケティング分析が不可欠だと感じているので、マーケティングを得意とした会社に行きたいと考えていました。

元々マーケティングの勉強は好きだったのですが、プリンティングアカデミーのマーケティングの授業では、実際に進行中もしくは、過去の実績などを交えて授業が進むので、より実践的に学べることが気に入っています。その講師の方の会社がフュージョン株式会社だったことから、先生と相談して、インターンシップを希望しました。

 

インターンシップ期間中はしっかりとしたプログラムを準備していただけていて、各部署の皆様から各々の部署についての業務説明と、これまでの提案営業の事例を見せていただきました。その中で興味深かったのは、社員の皆さんが「お客様の抱える課題を解決するために最適な方法は必ずしも、紙媒体とは限らない。」と考えている事でした。

 

印刷に関わる会社であるにも関わらず、あらゆる解決方法を検討するという考え方は、私には衝撃でした。ですが、この考え方で提案営業をすることが、お客様の課題をより良い形で解決できることになるのではないかと考えさせられました。だからこそ、手掛けられたDMデザインは、数多の賞を獲得されているのだなと感じました。

 

実は私の父は、新潟で印刷会社を経営しております。卒業後、父の会社に入り仕事をすることになるのですが、この考え方でお客様と向き合いたいと、提案営業における「軸」となるものを得ることができました。

 

坂井さんがインターンシップした会社はコチラ