これからの将来なんて、 きっと誰もわかっていない。
新しいこと、知らないこと、いろいろなことにチャレンジしたいけど、
自分の心と好きなことは、 きっとこれからも変わらない。
さぁ「大好き」のその先へ、君と印刷の未来について、一緒に考えてみましょう。

その1 どんな業界へも、つながる未来がある


もしも、どの業界においても「無くなったら困る」ものを掲げるとした際、きっとそのひとつに「印刷」が含まれるでしょう。パンフレット・カタログ・ポスター・商品パッケージ…。キミの身の回りにあるモノやサービスには、必ずといって良いほど「印刷」が関わっています。
今までも、これからも、ずっとキミのそばにある「印刷」は、デジタル化された社会においても、重要な〝スキル〟であり、今の時代だからこそ注目度が高まっております。

印刷
マーケティング
出版
IT
デザイン
ウェブ
動画
映像制作
エンタメ
トラベル
アパレル
雑誌
TV
通販
交通機関
インフラ
印刷
マーケティング
出版
IT
デザイン
ウェブ
動画
映像制作
エンタメ
トラベル
アパレル
雑誌
TV
通販
交通機関
インフラ

その2 モノづくりの技術は「印刷業界」で進化し続ける!?


はるか昔、大切な情報や自分のアイデアをカタチに残すためモノが作られ、また表現力や機能性を高めるため、様々な技術が発展しました。またその発展と平行して「印刷技術」は常に成長し続け、最近では「3Dプリンター」や「擦ると消えるインク」、薬や食品にも安心や真心を伝える目的で文字や絵が印刷されております。
そんな最先端の技術を知ること、またこれからも進化し続ける「印刷技術」は、キミの想像力と創造力を育てる『社会を生き抜くチカラ』として必ず役立つでしょう。

1450年 ドイツの金細工師ヨハネス・グーテンベルクが発明した活版印刷術が、聖書の普及に貢献するなど、時代に大きく動かしその後も今に至るまで様々な印刷技術が発展している。
インクの歴史は面白く、古くは虫や植物を使った天然の色材、宝石を削って作った色材は絵画や版画に使われ、今では速乾インク・消えるインクなど、様々なインクが誕生し続けている。
3Dプリンターの登場により、印刷は「刷る」だけではなくモノを「作る」技術へと発展。また用途はフィギアやオリジナルグッツのみならず、医療現場、建築現場などでも幅広く活用中。

その3 決して無くならない、5兆円産業 


今の時代を先行く業界の中に「印刷」も含まれ、またこれらの業界を下支えしている影の立役者も「印刷」だったりします。また「印刷」はモノづくりに欠かせないものであり、〝紙〟だけが印刷ではないため、これからもIT技術やAI技術とともに歩む業界として、成長と発展が大きく期待されております。

キミの価値と実力を高める、それが「印刷」です。
日本で唯一の「印刷」専門学校を知りたいなら

JPA学校紹介

もっと「印刷」の面白さを知りたいなら

印刷のアレコレへ

日本で唯一の「印刷」専門学校を知りたいなら

もっと「印刷」の面白さを知りたいなら