TOP > 学科紹介 > 2年制コース / メディア・コンテンツ学科
各業界での宣伝・広告・販促・PRなど、
メディアを扱う次世代のプロフェッショナルを育成する学科です。
印刷メディアをはじめ、Webメディアなどクロスメディアの活用を基礎から実践、応用の授業で学ぶ。4つのプログラムを中心にレクチャー、
ワーク&ディスカッション、プレゼンテーションを組合せて体系的に、定員10人以下の少人数制で一人一人じっくりと育成する学科。

この学科で携わることができるようになる業界

印刷
アニメ
イラスト
ノベルティ制作
雑貨メーカー
文房具メーカー
イベント
アパレル
広告
コスメ
印刷
アニメ
イラスト
ノベルティ制作
雑貨メーカー
文房具メーカー
イベント
アパレル
広告
コスメ

この学科のポイント

この学科で学ぶと、こんな技術が身につきます!キミの活躍の場が、広がります。

各種業界に特化したコース紹介

マーケティング・
ディレクションコース
広告代理店やあらゆる業界の販売担当の仕事に直結するマーケッティングを実践的に学べるコース
ビジュアル・
デザインコース
イラスト、映像、写真など、自分の個性を活かしてクリエイターになるための技術を学べるコース
プリント・
テクニカルコース
マンガや書籍やパンフレットのような出版物をはじめ、ノベルティ制作などにも必要な印刷技術を総括的に学べるコース

ピックアップ・カリキュラム紹介

Program 1 印刷技術

各種印刷工程に使われる材料や印刷品質管理の基準及び手順を学び、実践で通用できる印刷工程全般の現状調査と改善方法を取得するためのノウハウ、スキル、思考力を学びます。

Program 2 メディア・デザイン

各メディア(媒体)に通じた表現方法を基礎から応用を学び、学生の目指す業界に合わせDTPデザインやWebデザイン、プログラミングなど必要なデザインスキルを習得。

Program 3 マネジメントスキル

会社や企業の組織運営に必要な経営学基礎から、各業界別に応用・実践とステップアップしながらリーダーとして次世代に必要なマネジメントスキルを習得。

Program 4 マーケット創出企画

多様化する消費者のニーズ(必要なもの)とウォンツ(欲求)を的確に捉える訓練を行い、各業種ごとに合ったサービス・商品開発や宣伝方法などを習得。

Program 1 印刷技術

各種印刷工程に使われる材料や印刷品質管理の基準及び手順を学び、実践で通用できる印刷工程全般の現状調査と改善方法を取得するためのノウハウ、スキル、思考力を学びます。

Program 2 メディア・デザイン

各メディア(媒体)に通じた表現方法を基礎から応用を学び、学生の目指す業界に合わせDTPデザインやWebデザイン、プログラミングなど必要なデザインスキルを習得。

Program 3 マネジメントスキル

会社や企業の組織運営に必要な経営学基礎から、各業界別に応用・実践とステップアップしながらリーダーとして次世代に必要なマネジメントスキルを習得。

Program 4 マーケット創出企画

多様化する消費者のニーズ(必要なもの)とウォンツ(欲求)を的確に捉える訓練を行い、各業種ごとに合ったサービス・商品開発や宣伝方法などを習得。

ピックアップ講師紹介

吉川景博
1993年大手小売業入社。マーケティング部門にて広告全般を担当。主に顧客戦略策定、FSP開発、データ分析等、顧客データを活用したプロモーションを実践。2005年に独立。複数企業のマーケティング戦略立案、営業支援顧問などを請け負う。全国でセミナーを幅広く展開。全日本DM大賞多数入賞。米DMA公認ダイレクトマーケティングプロフェッショナル、全日本DM大賞審査員など
吉川景博

1993年大手小売業入社。マーケティング部門にて広告全般を担当。主に顧客戦略策定、FSP開発、データ分析等、顧客データを活用したプロモーションを実践。2005年に独立。複数企業のマーケティング戦略立案、営業支援顧問などを請け負う。全国でセミナーを幅広く展開。全日本DM大賞多数入賞。米DMA公認ダイレクトマーケティングプロフェッショナル、全日本DM大賞審査員など

時間割例

インターンシップ制度について

日本プリンティングアカデミーでは、個々のキャリアデザインに合わせて、インターンシップに行きます。担当の先生とじっくりと面談後、その会社で学びたい事を明確にして臨むので、確実に自分の力になります。

 

専門士

文部科学省から、修業年数2年以上・総授業時間数1,700時間以上・試験などによる成績評価を行い、その評価に基づいて専門課程を修了した者に与えられる称号。日本プリンティングアカデミーでは、メディア・コンテンツ学科を修了した者に専門士の称号が付与されます。